くらたま

2021年04月20日

倉田真由美&三輪記子 3

◎漫画家と弁護士という稀少価値
49歳の倉田真由美と44歳の三輪記子、
2人は「漫画家」「弁護士」という
肩書がなければ、
ここまで男心をそそることはなかったはず。
たとえば2人が一般の主婦であったなら、
その性的アピールは格段に低くなっていた
ものと思われる。
もちろん2人ともそのままでも
セックスしたいとそそられるルックスと
スタイルであるが、漫画家と弁護士、
つまりそうそうめったに肌を露出しない
職業の女性が水着になったことで、
その稀少価値が上乗せされて、
そそられることになるのだ。



◎女性政治家のビキニ演説はどうか
その希少価値によるアピール度を
考えた場合、たとえば、
女性政治家が水着になるなどすれば、
男性の浮動票を多く
取り込めるのではないか。
街頭演説でのビキニはまずいだろうが、
ビーチなどであれば問題はないだろう。
古い政党は頭が硬いことだし、
「そんなけしからんことはだめだ」
「党のイメージが悪くなる」と
言うだろうが、新興の政党にはぜひ
戦略のひとつとしてやってもらいたい。



◎単独で、そして3Pで
この「みわたまチャンネル」での
倉田真由美と三輪記子のビキニ映像は
何度も何度も繰り返し使わせてもらった。
倉田真由美、三輪記子、それぞれ単独で、
さらには2人を同時に相手にする空想で
何度もお世話になった。
実にありがたいことだ。



◎バスタオルから透けて見える乳頭

また、この「みわたまチャンネル」では
倉田真由美と三輪記子の2人が
温泉で湯船につかってトークをする
映像も公開されている。
さらには、お湯かPでら出て、
バスタオルを巻いた状態で並んで
トークをする映像もあり、
この時はタオル越しに乳頭が浮かぶなど、
大サービスをしてくれている。
あと、ノーブラでTシャツを着るなどの
企画映像もあるのだが、
この時は普通の着衣と変わることはない。



◎2人のフルヌード公開を期待
倉田真由美も三輪記子のどちらかといえば
セックスの話題にオープンであり、
肌を露出させることにさして
抵抗がないようだ。
ビキニ、バスタオル、と
露出に慣れてきているようだし、
倉田真由美が50歳になった記念に、
2人のフルヌードを公開してもらいたい。
ビキニの公開でも、
男性から多数の肯定的な反響があり、
ヌードを望む声も多いだろう。
ぜひとも実現してもらいたい。



mutsumistar at 02:21|PermalinkComments(0)